おうちの豆知識

どうして鏡は汚れるの?鏡をきれいに掃除する方法ときれいに保つ方法2021.12.27

さまざまな場所に鏡を設置している家庭は多いでしょう。鏡は自分の姿を確認するのに使用するため、汚れていると気にかかりやすいですよね。
今回は、鏡をいつでもきれいに保つためにはどうしたら良いのか、また汚れる原因や汚れに応じた掃除方法を解説します。

どうして鏡は汚れるの?鏡をきれいに掃除する方法ときれいに保つ方法

鏡が汚れる原因と掃除方法

鏡は設置されている場所によって汚れる原因に違いがあります。家庭で鏡が設置される代表的な場所と、その場所ならではの汚れの原因を解説し、原因ごとにおすすめの掃除方法をまとめます。

浴室は主にミネラル分の付着が原因

家に設置される鏡の中でも、汚れが特に付きやすいのは浴室の鏡でしょう。浴室の鏡には白っぽい鱗のように見える汚れが付くのが特徴的な点です。この鱗のような汚れの正体は水に含まれるミネラル分です。鏡に水が付き、水分が蒸発した時に残ったミネラル分が結晶し水垢となり残ります。
水垢汚れはアルカリ性という性質があるため、酸性の性質を持つクエン酸を使って掃除するときれいに汚れが落ちます。水100mlにクエン酸を小さじ1/2を溶かしてスプレーボトルなどに入れます。作成したクエン酸水を汚れに吹き付け、半日ほど放置した後に水洗いをするときれいに落とせます。水洗い後は水をきれいに拭き取り、さらに乾拭きで仕上げると良いでしょう。

化粧台や洗面所は手垢や化粧品による汚れ

化粧台や洗面所に設置した鏡の汚れは、比較的手垢汚れや化粧品による物が多い特徴を持っています。
ファンデーションの粉や日焼け止め、ヘアスプレーなどが鏡に付着する事が多いためです。また、うっかり鏡に触ってしまう事が多いのがこのような場所に設置された鏡です。
軽い汚れの場合には、新聞紙を利用して掃除すると良いでしょう。新聞紙は汚れを吸着する性質があるため、掃除用具として便利です。そのままでは硬いため、くしゃくしゃに丸め、柔らかくしてから拭き取ります。新聞紙でも汚れが落ちない場合には、重曹スプレーを作り吹き付けます。水100mlに重曹小さじ1杯が目安です。作成した重曹水をスプレーし、少し時間を置いてから拭き取りましょう。それでも落ちない場合には、重曹水を含ませたキッチンペーパーで「パック」を作り鏡に貼り付けてしばらく置きます。その後きれいに拭き取りましょう。また、重曹水がそのまま乾くと白い跡が残ります。水拭きでしっかりと拭き取り、最後に乾拭きをして仕上げます。

姿見やクローゼット内の鏡は埃が原因

身だしなみをチェックする姿見やクローゼット内の鏡は、埃が汚れの原因となるケースが多くなります。柔らかな布で拭き取ったり、ワイパーなどを利用して埃を取ったりすればきれいになります。手垢が付いている時には、重曹水スプレーを使うのもおすすめです。

鏡が曇っている時の対処法

鏡が曇ってしまう原因は、水分か埃が原因の場合が多いようです。たとえば浴室や脱衣所の場合は、お風呂に入った時に使用したお湯から生まれる湯気が原因です。湯気による曇りを防ぐために脱衣所の鏡にはヒーターが付いている事があります。ヒーターを付ける事で、鏡表面に付着した湯気による水分が蒸発し、曇らなくなります。ヒーターが付いていない時は、ドライヤーで温風を当てると曇りが解消できます。浴室の場合は常時湯気に晒されるため、乾かすよりも水をなじませるコーティングがおすすめです。
中性洗剤は親水性があるため、鏡のコーティングに使えます。ただし中性洗剤を塗った場合は、最後にしっかりと洗い流し使用後に水分を拭き取るようにしましょう。他にも、親水性があるフィルムやシートを貼る方法もありますよ。埃が原因の場合には、姿見などと同様柔らかい布で拭くか、静電気により埃を吸着するワイパーを使うと良いですね。日ごろから埃が付かないよう、使わない時にはカバーしておくのもおすすめです。

鏡をきれいに保つには

鏡はこまめに掃除しようと思っても、つい面倒で後回しにしがちです。そこで、鏡に汚れが付きにくいよう予防しておく事を試してみてはいかがでしょうか。

鏡に埃が付くのは静電気が原因

鏡に埃などの汚れが付きやすいのは、鏡の表面に静電気が溜まるからです。実は静電気が埃を吸着し鏡の表面に保持してしまう事で汚れます。そこで、静電気が起こらないよう工夫してみましょう。身近にある静電気防止剤として洗濯時に使う柔軟剤があります。水を張ったバケツに数滴の柔軟剤を溶かした水に雑巾を浸け、硬く絞って鏡を拭き取ります。

汚れをこまめに落とす

脱衣所や浴室はどうしても水垢や石鹸カスなどの汚れが付きやすい場所です。このような汚れは、こびりつく前にこまめに落とすようにすれば汚れが目立ちませんし、落としにくくなる事もありません。これらの場所は一日1回、必ず拭き取る習慣をつけると良いでしょう。最後にこれらを使用した人が拭き取るようにすればスムーズですね。

まとめ

鏡をきれいにするには、汚れの原因ごとに掃除方法を変える事が必要です。クエン酸や重曹はドラッグストアなどで手軽に入手可能なので、常備しておくと便利ですよ。汚れが付かない工夫もしておくと良いですね。ただ頑固な汚れや手入れが面倒といった場合もあるでしょう。
このような場合で鏡をきれいにしたいなら、ハウスクリーニングを行う当社へご相談ください。

 

→タケヤマのハウスクリーニングはこちら

関連記事

CONTACT

ハウスクリーニングのご相談、リフォーム・リノベーションのお問い合わせ等、まずはお気軽にご連絡下さい。
横須賀・横浜・三浦を中心に近郊も対応しております。