おうちの豆知識

風呂釜の交換のタイミングは?費用相場はどれくらい?2021.11.26

毎日の入浴に欠かせない風呂釜ですが、突然変な音がする、いつもよりもお湯が沸くのが遅いなど、さまざまな不具合を感じることがあるかもしれません。それは風呂釜交換のサインとも言えるのですが、いつどうやって誰にお願いすればいいのかわかりにくいですよね。また、どんな風呂釜があって、自分の家の風呂釜はどういったタイプに交換すればいいのか、その費用の相場はどれくらいなのか、いろいろと知っておいた方がいいでしょう。
今回は、風呂釜の役割や交換のタイミング、交換費用の相場などについてご説明します。

風呂釜の交換のタイミングは?費用相場はどれくらい?

風呂釜の役割と種類

風呂釜の役割とは、浴槽の中に水をためてそれを沸かすことです。ガス給湯器に比べると費用が安く、着火が乾電池を使っていることから停電時にもお湯を沸かすことができる便利さもあります。

種類としては、浴槽の横に設置されるバランス釜と、屋外に設置されるガス風呂釜に分けることができます。

屋外に設置するガス風呂釜は、浴室の面積に関係しないため、浴室がすっきり見えるというメリットがあります。屋外に据え置きできるものと壁掛けタイプがあることがあるため、好みや備え付ける状況に応じて選ぶと良いでしょう。

バランス釜は、浴槽が狭いタイプになってしまうデメリットはありますが、異変に気付きやすいというメリットもあります。また、お湯を沸かす際の空気の吸気と排気を屋外で行うため、不完全燃焼が起きにくいのも安全性が高いという点で評価されています。

どちらの風呂釜も、追い炊きできるものとそうでないものとがあります。

風呂釜の不具合・交換のタイミング

風呂釜は、寿命が約10年といわれています。もちろんその間は絶対に何も起こらないということではありません。
次のような不具合があった場合には、故障や交換の可能性が高いです。

異臭がする

風呂釜を使っているときに、焦げたような臭いがする・ガス臭いという異臭がした場合、これは交換のタイミングと考えたほうが良いでしょう。不完全燃焼やガス漏れの可能性が高いので、そのまま使い続けることはとても危険です。絶対にすぐ交換しなければいけないということではありませんが、早めに業者に点検をしてもらうことをおすすめします。

着火時にいつもより大きな音がする

風呂釜を使う時に、着火時に「ボン!」というような、いつもと違う大きな音がした場合には、風呂釜の中にたまっているガスに引火した可能性があります。着火用の熱交換機の故障かもしれませんので、お湯が沸いたからそれでいいと思わず、業者に相談してみましょう。

種火がつかない

温度センサーや着火装置の不具合があると、種火が付きにくくなります。つかないからといって何度も着火を繰り返すと、風呂釜の中にガスがたまってしまい、引火して爆発を起こすことも考えられます。無理につけようとせず、業者に相談することをおすすめします。

お湯が沸かない・ぬるい

いつもよりもお湯が沸くのに時間がかかる、時間がかかっている割に温まらないという場合には、部品の劣化や電気系統の故障が考えられます。この場合、温度調整が難しくなっているので、シャワーを使う時に急に熱湯が出てくるということもあり、快適に入浴ができなくなるかもしれません。
これらの不具合は、風呂釜の寿命を示していることが多いので、まずはそのままにせず業者に相談するといいでしょう。

風呂釜交換の費用相場

では風呂釜を交換する際の費用の相場を見てみましょう。風呂釜は修理できるケースも多いのですが、一度不具合が出ると修理をしても再度同じような不具合が出やすくなります。そのため、設置して10年以上経過している場合には交換がおすすめです。

費用の相場は、風呂釜本体の値段+工事費が基本となります。バランス釜の場合には、本体が6~10万円前後、工事費が4万円程度と言われています。ガス風呂釜は、6万円前後で工事は3万円程度です。
これらは、シャワーがついているか、追い炊き専用かということでも費用が変わります。

また、風呂釜を交換する際に、浴室のリフォームも行うと、浴室に最適な釜を設置することも可能です。専門家である業者は的確なアドバイスをしてくれるため、迷ったら相談してみてください。

風呂釜は自分で交換できる?

「DIYが得意なので、風呂釜も自分で交換したい」と思う人もいるかもしれませんが、それはできません。これは風呂釜に限ったことではなく、住宅に設置される設備の多くは、長く使うという点から専門の資格を持った技術者が設置すると義務付けられています。

風呂釜は水栓器具だけでなくガス器具も使われますから、専門の知識を持った人が設置しないと危険だという証拠でしょう。つまり無資格の人では交換できないということになりますね。いくらDIYが得意でも、風呂釜交換は危険が伴うので、業者に依頼するべきだと言えます。

まとめ

風呂釜の不具合は、毎日の疲れを癒す入浴に多大な影響を及ぼします。不具合を感じたまま入浴しても、疲れが取れるどころか不安が大きくなるばかりといえるでしょう。

当社でも風呂釜の交換や修理などを行っております。「そろそろ風呂釜が10年を超える」「現時点でなんとなく風呂釜の調子が悪いかも」と思われている方も、気になる点をお伝えいただければ解決するかもしれません。ぜひお気軽にご相談ください。お待ちしております。

タケヤマのリフォームはこちら

関連記事

CONTACT

ハウスクリーニングのご相談、リフォーム・リノベーションのお問い合わせ等、まずはお気軽にご連絡下さい。
横須賀・横浜・三浦を中心に近郊も対応しております。