おうちの豆知識

トイレの防音対策について詳しく解説!音漏れを防ぐことはできる?2021.10.25

トイレの防音対策について詳しく解説!音漏れを防ぐことはできる?

騒音は他人に迷惑をかけトラブルのきっかけにもなる大きな問題です。トイレを使用する音は騒音ではありませんが、人に聞かれると恥ずかしいと思う非常にデリケートな問題です。

今回はトイレの防音が必要な理由や、トイレの防音対策について詳しく解説します。トイレの音漏れが気になっているという方は、ぜひ参考にしてください。

トイレの防音対策が必要な理由

一般家庭では、トイレに限らず全てのドアに、ある程度の隙間が設けられています。それは家の中に空気が流れるようにするためで、隙間を作らないようにするためには設計段階で対策しなくてはいけません。それを踏まえたうえで、トイレに防音対策が必要な理由から紹介します。

来客があったときに困る

一人暮らしで家に誰も来ない場合は、そもそもトイレの防音対策は必要なく、音漏れしていることに気づいていない人の方が多いでしょう。しかし来客がある場合、トイレの防音対策をしようと思い立つ人が多いです。

トイレからの音漏れは、自分にとっても恥ずかしいことですが、お客さんにも気を遣わせることになってしまいます。特に女性の場合はトイレの音漏れにデリケートです。

家族にも音を聞かれたくない

トイレでの使用音は、家族でも聞かれたくないという方はたくさんいます。新婚でまだ二人の生活に慣れていない場合は、トイレの音漏れを気にする奥様は多いです。また年頃の娘さんがいる家庭では、ある日突然トイレの防音対策をするように要求されることもあります。

もちろん、男性でも家族同士でもお互いに音を聞かれなくないという方はたくさんいて、トイレからの音漏れは親しい間でも時間が経てば慣れてくるようなものではありません。

トイレの音で迷惑をかけてしまう

トイレの使用音は恥ずかしいだけではなく、場合によっては不快な音になることもあります。トイレで用を足している音は、ある程度の距離があれば他の家族に気づかれないケースも多いですが、最後に水を流す音はかなり離れていても聞こえてしまうものです。

狭い家では、トイレで誰かが用を足すごとに水を流す音が家中に響きます。日中なら問題なくても、静まり返った夜中に水を流す音がすれば寝ている家族を起こしてしまうこともあります。

自分でできるトイレの防音対策

これから家を建てるなら、「玄関からすぐの場所にトイレを設置しない」「家族が最も集まるリビングルームの近くにトイレを設置しない」ことでトイレの防音対策をすることができます。また、これからマンションやアパートなどを賃貸する場合も、間取に注意して物件を選ぶことで、ある程度の対策はできます。

ここでは、すでに住んでしまっている家でもできるトイレの防音対策を紹介します。

タイミングよく水を流す

最も手っ取り早いトイレの音漏れ対策は、使用中に水を流す方法です。女性であればすでに身につけている昔ながらの対策法で、簡単に恥ずかしい音を隠すことができます。

しかし、この方法を使うと水道代が高くなるというデメリットがあります。知らない方も多いようですが、トイレの水を一度流すために使用する水の量はかなり多く、この方法は経済的ではありません。外出先ではとても効果的な方法ですが、自宅では避けたい防音対策です。

擬音装置を利用する

水を流す代わりに、最近では擬音装置を設置するトイレが増えています。擬音装置がはじめから設置されているトイレを購入すれば、安心して用を足すことができます。

擬音装置がない場合でも、用を足すときに音楽などを流せば同じ効果を得ることができます。しかし、その場合は他の人に音漏れ対策をしていることが完全にバレてしまうので、恥ずかしいと思う方も少なくないようです。

防音ソフトテープを貼る

トイレの隙間に防音ソフトテープを貼ることにより、音漏れをかなり防止することができます。防音ソフトテープは、ホームセンターや100円ショップでも手に入れることができます。防音ソフトテープはその名の通りに防音対策にもなりますが、防寒対策にも利用できるため、冬場の寒いトイレには重宝します。

吸音材を利用する

トイレの防音対策として、吸音材を利用する方法もあります。吸音材もホームセンターに行けば購入でき、トイレのドアや壁に貼り付けられるものもあります。

防音シートを貼る

同じくホームセンターで手に入るトイレの防音対策グッズに、防音シートがあります。器用な方なら簡単に装備することができますが、防音シートをキレイに貼るにはテクニックが必要になります。

完璧にトイレの防音をしたいならプロに任せよう

自分でできるトイレの防音対策にはいろいろな方法がありますが、使用中に毎回水を流すと水道代が高くなります。また防音対策グッズの使用についても、不器用な人だとDIYで上手に対策できない場合もあります。
トイレからの音漏れについて確実に対策したい場合は、ぜひプロにお任せください。

 

→タケヤマのリフォーム・リノベーション事業はこちら

関連記事

CONTACT

ハウスクリーニングのご相談、リフォーム・リノベーションのお問い合わせ等、まずはお気軽にご連絡下さい。
横須賀・横浜・三浦を中心に近郊も対応しております。