おうちの豆知識

脱衣所が寒いと危険が!?寒さ対策のおすすめを一挙にご紹介します!2022.02.14

「冬になると脱衣所が寒くてお風呂に入るまでが苦痛に感じる」という方は多いと思います。反対に、せっかく湯船に浸かって体を温めても、脱衣所が寒くて部屋に戻るまでに湯冷めしてしまう…という悩みが生じますよね。湯冷めは風邪や腹痛の原因になりますし、寝つきも悪くなるといいます。脱衣所が寒いことは、こうした体の不調を起こすだけでなく、場合によっては命の危険にさらされることがあるため軽視できません。
ここでは、脱衣所が寒い場合に起こる問題点や、有効な対策方法について、解説していきます。

脱衣所が寒いと危険が!?寒さ対策のおすすめを一挙にご紹介します!

脱衣所が寒いことで起こる問題点とは?

暖房の効いた温かい部屋から寒い脱衣所へ、熱い湯船から出て寒い脱衣所へと移動していると、体は急激な温度差を経験することになります。この温度差により、さまざまな体調不良を起こしやすくなるのですが、中でも気をつけたいのが「ヒートショック」と呼ばれる症状です。

ヒートショックとはどんな症状か

温かい部屋から寒い脱衣所へ移動すると、寒さに対応するために血管が収縮し、血圧が上がります。衣類を脱ぎ浴室に入ると、さらに血圧が上昇します。熱い湯船に浸かると、一旦は交感神経の働きで血圧が上がりますが、体が温まるうちに血管が広がり、血圧が下がります。浴室から脱衣所に移動し、衣類を着ている間に体が冷え、再び血圧が上がります。このような血圧の急激な上昇や下降が起こると、心筋梗塞や脳梗塞、脳出血、大動脈解離などの病気が起こる危険性が高まります。厚生労働省の調査でも、ヒートショックで亡くなる人の数は、交通事故で亡くなる人よりも多いと分かっているため注意が必要です。

ヒートショックが起こりやすい人とは

ヒートショックが起こりやすいのは、65歳以上の高齢者や高血圧、糖尿病など動脈硬化の持病がある人、肥満、睡眠時無呼吸症候群、不整脈がある人です。

以下の項目に一つでも当てはまるものがある方は、ヒートショックを起こす危険性が高いといえます。

  • 65歳以上
  • 高血圧や糖尿病、動脈硬化の持病がある
  • 肥満ぎみ、睡眠時無呼吸症候群、不整脈がある
  • 熱いお湯や一番風呂が好き
  • 入浴時間が長い
  • 飲酒後に入浴する
  • 脱衣所に暖房器具がなく寒い

ご家族の中に該当者がいる場合、入浴時にヒートショックを起こさないよう、常に気をつけてあげましょう。

脱衣所が寒い場合の対策方法とは?

ご自宅の脱衣所が寒い場合、何らかの対策を行い、ヒートショックを予防しましょう。ここでは、脱衣所が寒い場合の対策方法をご紹介します。

入浴前に脱衣所を温めておく

ヒートショックは、部屋と脱衣所の寒暖差により起こるものです。部屋の温度が20℃だとして、冬の脱衣所の温度は10℃程度しかありません。10℃以上の温度差が、体に大きな負担をかけるのです。入浴前に脱衣所を温めておくことで、家の中の温度ムラをなくしましょう。脱衣所に長時間いるわけではないため、瞬時に温めてくれる人感センサー付きの暖房器具を選べば、節電にもなります。

熱すぎるお湯や長風呂を避ける

安全に入浴するために、お湯の温度は41℃以下にし、入浴時間は10分までを目安にしてください。熱すぎるお湯や長風呂は、体への負担がかかりやすいため避けましょう。また、浴槽から急に立ち上がると、血管が急激に拡張されて脳が貧血状態に陥り、意識障害を起こすことがあります。浴槽から出る際は、手すりなどに掴まり、ゆっくりと立ち上がるようにしましょう。飲酒の習慣がある人は、飲酒後すぐの入浴は避けてください。飲酒をすると一時的に血圧が下がることがあるため、ヒートショックの原因になります。

外からの冷たい空気を遮断する

湿度が上がりやすい浴室は、換気扇を24時間回しているご家庭が多いと思います。換気扇が付いていると浴室に冷たい空気が入りやすく、ヒートショックを起こす原因になります。お風呂に入る前は消しておくことをおすすめします。また、浴室や脱衣所に断熱処理されていない窓がある場合、窓から冷気が入りやすく、脱衣所の温度に影響します。換気のために窓を開けている場合は、入浴の2~3時間前に閉めることを忘れないようにしましょう。

浴室のリフォームや暖房設備を導入する

冬場は浴室も寒く、急激な血圧上昇の原因になります。暖房の効いた部屋や脱衣所との温度差をできるだけなくすために、浴室暖房換気乾燥機の導入も検討してみましょう。浴室暖房換気乾燥機があれば、入浴前にタイマーをセットして浴室を温めておくことができます。それ以外にも、換気機能や衣類乾燥、ミストサウナなど、さまざまな機能が搭載されているため非常に便利です。窓からの冷気が気になる場合は、断熱窓へのリフォームも効果的です。窓の内側に、もう一枚窓を設置する「内窓」や、2枚のガラスで構成された「ペアガラス」、3枚のガラスで構成された「トリプルガラス」などがあります。窓を断熱効果のある物に変えるだけで、脱衣所の温かさが違ってきますよ。

まとめ

脱衣所は家の北側に位置することが多く、どうしても冷えやすいです。冬場の寒い脱衣所をそのままにしておくと、いつヒートショックが起きてもおかしくはありません。脱衣所の寒さ対策やヒートショック対策として、浴室のリフォーム・暖房設備の導入がおすすめです。例えば、以下のようなリフォームが挙げられます。

  • 脱衣所に暖房器具を設置する
  • 浴槽に手すりを設置する
  • 浴室暖房換気乾燥機を導入する
  • 浴室天井や壁、浴槽を断熱仕様にする
  • 脱衣所や浴室の床材を樹脂に変える
  • 在来工法からユニットバスに変更する
  • 断熱窓や複層ガラスに変更する

など、さまざまなご提案が可能です。
快適な脱衣所へのリフォームは、株式会社タケヤマにご相談ください。

タケヤマのリフォームはこちら

関連記事

CONTACT

ハウスクリーニングのご相談、リフォーム・リノベーションのお問い合わせ等、まずはお気軽にご連絡下さい。
横須賀・横浜・三浦を中心に近郊も対応しております。